今日出会った人

 28日土曜日。今日出会った、彼の大学時代の同僚の女性は、レトリック(修辞学)を元にした「議論」について、弁護士に指導している方だった。三児の母でありながら、ばりばり仕事している。レトリックはフォルテピアノ奏者にとっても、大切な項目の一つ! 当時の18世紀の作曲家達、知識人たちの教養として、学ばれていた古くはギリシア時代に遡る議論の方法論。オランダ語学科を出た彼女は、修辞学を専門として、今の仕事に来た。

 それにしても、オランダではレトリックが今も息づいて、弁護士さんの現場などで実用化されているんですねえ。日本もなのかしら? オバマ氏はじめ政治家の演説も、ディベートの論理にちゃんとのっとって話されていると聞く。彼女の話術についつい皆が惹き込まれて行くのを目の当たりにした午後。フォルテピアノ演奏に、もっともっと修辞学の教養も今後取り入れていけたら、と思う。

Advertisements