オランダの託児所

託児所の「慣れ期間」が始まった。

週に3回申し込み、朝8時/9時から夕方6時まで。だが今は一日5時間から始め、一週間ごとにに6時間、7時間、9時間と長くしていく。この期間は「母親のため」にあるそうだ。子供は自然に慣れていくものだが、母親にとっては初めての「お別れ」。

一日目・ ・・預けた後、ずっと子供のことが頭から離れず、のんびりできない。

戻ってくると、ちっとも眠れなかったらしい。

いつもと違う環境だからしょうがないが、泣いていたのかと思うと可哀想になる。

ベイビーグループは、オランダ人の保母さん一人、モロッコ人が三、四人働いており、一人は有色人種の女性。自分の子供がまったく異文化の人に面倒見てもらい、一緒に育てていく(と託児所の方はいう)ことになるとは、想像もしていなかった。

有色人種の女性は、ケニア出身のメロディーさん。でも一人一人話していくと、皆とっても心の良い方たちで、本当に子供をかわいがってくれる。

モロッコ人の保母さんが多いのは、実はちょっと知られていることらしく、

大家族に慣れていて、子供の扱いが皆、上手だそう。

本当にそうで、何度か行くうちに、保母さんへの信頼感が増してきて、安心してきた。

言葉や文化が違っても、赤ちゃんだからこそ、心と話しかけのイントネーションでちゃんと通じるみたい。

そして子供が、保母さんに笑いかけている。

アムステルダム育ちは、国際的になるかしら?

両親や義父母に頼らない、アムステルダムの若いパパ、ママさん達にとっては、託児所の利用はごく普通なことである。

ひと月約800ユーロ(週に3日)かかるが、約半分(またはそれ以上)が国から戻ってくる。

最初は子供を預ける罪悪感みたいなものが一杯だったが、働かなければならないし、音楽の時間に使わせてもらえる環境に感謝である。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s