赤ちゃんとピザ

ある日の保育所の日誌に、こんなことが書いてあった。
「今日のキッズ。、、、、 7名」
「お昼に保母さんのDさんがピザを注文して、テイクアウトしてきた」

ここまで読んで、「保母さんのご飯がピザだったのかな?」と思った。

「どの子もピザを美味しくたべたが、***君だけは、パンのほうが好きであった」

***君というのは我が子である。

赤ちゃんのお昼ご飯に、ピザとは。。。
うちではまだ一度も離乳食でピザを与えたことがなかったので、それはそうだろうと思った。
それに、ピザのまわりの部分少し固くはないか?

ピザといってもトマトソースに、チーズくらいだと思うので、問題はないのだが、保育所でピザを皆で食べるなんて、赤ちゃんのうちから楽しそうではないか。。。

さらにピザというと、テイクアウトとか、出前とか冷凍とか「手抜きご飯」のイメージがあったので、(時々しているが;;)うちの子だけピザに手をつけなかったのが、なんだか「それでいい、うん」と微笑んでしまった。

ピザはもう少し大きくなってからね。

Advertisements

子供は寝る。。。

前回のブログで書いたように、オランダの保育所スケジュールにあわせて家でも我が子を寝かしつけるように努力して数週間。

なんと、ちゃんと時間になったら寝るようになった。
午前10時と午後2時のお昼寝タイムになったら、さっとベッドに入れてドアをしめる。(家は一部屋子供に与えられないので、しきりのガラス戸を閉めて、視界に入らないようにする)最初は15分ほど泣きわめいていたのだが、2、3日で数分で寝付くようになった!
夜も同様で、今ではだいたい8時半就寝、朝7時起床というリズムが立派にできた。

今まで夜10時まで起きていたのは、「眠らない子の意思にあわせて」いたのではなく「大人の時間につきあわせていただけ」なのだろうか。子供はたくさん寝るのだ。。。
そして目覚めるととてもすっきりしていて、眠りも深くなったのか、夜中に起きる事がなくなった。

子供が寝たあとに彼に留守番を任せて、コンサートを聴きにいったりもできてしまう。(逆もある。。。)
静かな夜の時間も確保できて、精神衛生的にも良い気がする。

オランダ人の合理的なやりかたは日本では抵抗があるのかもしれない。
日本にいるときには母親や親戚に、
「ほら、**ちゃん泣いてるよ!」
「いつまで泣かせてるの」

となった。そこで泣いている子供のところにさっと行く。あやしたり抱っこしたりすると機嫌はなおるが、すぐに寝付かなかった。オランダのやり方だと、規則正しい時間が身体に身に付くのか、きっとおじいちゃん、おばあちゃんに預けても時間になったら、放っておけば寝るようになりそうだ。
現に、保育所でもその後、お昼寝の時間になったら問題なくさっと眠るようになった、と保母さんたちも一緒によろこんでくれた。

ある日本の育児の本で、泣く子を放っておいて育児する方法(特にヨーロッパ)と、泣く子にさっとお母さんが来るタイプと、その後の人間形成にどのような違いが出るかを追跡調査した、という話がのっていた。
泣く子は、最初は長時間泣いていたものが、短くなって、遅くても2週間ほどで躾ができるという。

その結果が面白かった。
泣いても親が来ない、ということを学ぶと泣いて呼ぶのをあきらめる。それが、「あきらめの早い子になる」とあるのだ。
本当なのだろうか?!!?
「赤ちゃんは泣くことでしか意思を伝えられないから、できる限り意思を通してあげる」という考え方がある。

そういう本の影響もあり、はじめは赤ちゃんを泣かせておくのが罪悪に感じていたのだが、よく寝る子を見ると、自分はこのやり方でいこう!と思う。あきらめて寝ているのではなく、ただ習慣で眠気が来るようになったのだろうと思う。

「寝る子は育つ」という言葉はオランダの保育園でも聞いた。