第2子誕生

3月7日に娘を出産した。

一人目よりは出産もらく、、、とよく言われるが、時間的には短かくなったものの、それなりに大変だった。これで人生最大の大仕事は最後。無事に産まれてきてくれた時の感動と疲労の産後数時間が今でも印象に残る。

始まりはこれから。。。

確かに二人めは一人目よりは余裕ができて、可愛くてしょうがない!

一人めは可愛いと思えるまでに、結構時間がかかった。

産まれてきてくれて、ありがとう。

 

Advertisements

シンタクラースのお祭り

オランダの12月5日は年間行事の中で、女王誕生日についで重要なシンタクラースの日。いうなれば、クリスマスよりも大事な行事である。主に子供のためのものだが、大人まで様々なやり方で祝い、楽しめる。

シンタクラースは日本語のサンタクロースに響きが似ているが違うもので、サンタクロースはオランダ語では kerstman (Christmas man)になる。

シンタクラースは黒人ピートをお供に連れて、蒸気船でスペインからやってくる。
11月の半ばに、「今日、オランダに到着しました」という日が毎年新聞、テレビで報道されて、その日から12月5日まで滞在している。シンタクラースは大きな本を持っていて、そこに名前の載っている良い子のところにきて、プレゼントをくれる。

子供達は、シンタクラースが乗ってくる馬のために、にんじんを靴の中にいれて、暖炉(煙突からシンタクラースが入ってくるので)の所に置いておく。シンタクラースが来ると、ペーパーノーテンやスペキュラース、アルファベットのチョコレートというお菓子をにんじんの代わりに入れておいてくれる。また、シンタクラースはそれぞれの子供に合った内容で、詩を残してくれたりもする。

その詩は韻を踏んで作るのが特徴で、大人になってからグループでパーティをする場合は、誰かにあてて詩を作ってきてプレゼントに添えたりする。

うちの旦那の場合は、子供の頃いつも詩が入っていて、そこには ‘Sint & Piet’より、というサインが Sint と、Piet 違う手で書かれていたという。

去年はまだ何もわからなかった息子も、今年はシンタクラースのお話をちゃんと理解している。シンタクラースの歌もたくさん保育園で習って歌えるようになった。この時期、親のいうセリフでよく聞くのは、、、「いい子にしていないと、シンタクラースからプレゼントもらえないよ」。。。うちもそれが効果あり。

12月5日の ‘pakjesavond’(プレゼントの箱を開ける夜)には、大きな袋のなかから家族それぞれにあてた、プレゼントがぞくぞくと出てくる。(誰が準備したのか?!)

おかげでいい子にしていたのでたくさんのプレゼントをもらって大興奮であった。

子供がいないときによくオランダ人のピアノの生徒さんの親から「シンタクラースの歌をピアノで弾けるようにしてくれませんか」というお話がよくあった。どれだけ大事なのかというのが、子供を持ってやっと一緒に実感できた。このお祭りのいいところは、宗教的ではないオランダ独自のものであるところだろうか。シンタクラースにまつわる楽しい歌もたくさんある。詩を作ることによってそれぞれの個性を考え、頭をひねる。

オランダ中の子供達にシンタクラース一人でプレゼントを配るのは大変なので、「お手伝いシンタクラース」「お手伝いピート」がたくさんいる。この時期になると街の中でお店や市場をうろうろしていたりするのが、楽しい。

2歳児の大きな経験

この夏7月に実は、2週間だけ2歳の息子を連れて日本に帰った。
とっても楽しい日々で、ちょうど地元の夏祭りもやっていて夏らしい日本を満喫した。
印象に残ることはたくさんあるらしく、
「お祭りも見たねー」
「アイシェ食べたねー」(アイシェはアイスのこと、オランダ語の子供ことば)
「ばーばに会ったねー」
「飛行機に乗ったねー」
「かーん、かーん、かーんって踏切見たねー」

断片的な思い出を一ヶ月半たった今も、幾度となく言葉にする。

オランダ人の親戚や保育所の先生にも、「ボク、日本に行ったの」「飛行機乗ったの」と開口一番に未だに言う。(オランダ語で)よっぽど飛行機に乗って、違う文化の日本という国に行ったことが強く印象に残っているらしい。

その後、ちょっとした問題が起きた。
約2週間、保育所生活に慣れなかった。週に3回保育所に預けているが、3週目の終わりになって、やっといつもの息子らしく楽しめるようになった。とくに2週間の間は、オランダ語を「一言も話さなかった」日もたくさんあるそうで、話しても「飛行機」または「Nee!」(オランダ語のNo!)のみ。泣いてばかりで、ご飯も食べたがらず、皆とも遊びたがらず、先生の膝の上で「ママー」と泣くばかり。
一度は保育所から電話があり、早めに迎えにいった。

かわいそうだった。日本に行く前の一週間、主人が出張で一週間いなかったので、日本語のみの生活を3週間ほどしたのだが、その後、オランダ語がどこかへ飛んでしまったのである。口をついて出てこないのは、自分でもつらかったに違いない。

夏休み中で、保育園の大の仲良しのお友達もちょうど休暇でいなかった、というのもあるようだ。なじみの顔もなく、オランダ語で遊ぶ気もない、、って。

先生には「日本ではパン食べないんですか?」と聞かれた。
前は食べていたのに、昼食のサンドイッチを食べたがらない、と。

日本でパン食べるけれど、オランダのパンとは見た目も色も味も違って、子供はなかなか日本でのパンを食べなかったので、おそばやうどん、ご飯が多かった。

でもお友達が戻って来たり、慣れて来たりと、3週目の終わりには元の息子になり、お外でも遊ぶようになり、お昼のオランダのチーズのサンドイッチを食べ、歌を歌ったりするようになった。

バイリンガルで育てる時に、こんなこともあるのだなあ、という経験。
でもまたすぐに、オランダ語が優勢になるのだろう。。。

室内に砂場

今日は子供が行っている保育所についてのお話。この近所に住むオランダ人にとって、この地域にある小学校とともに、この保育所は 「あそこはアントロポゾフィーantroposofie 系なのよね」 (英語 anthoroposophy)と言われる。そこはシュタイナー教育を取り入れている、という意味なのだがとても評判が良い。

保育所ではCélestin Freinet, Thomas Gordon, Rudolf Steiner の3人の教育メソードを組み合わせて取り入れている。入所のときにもらったパンフレットにも詳しく教育方針が書かれているが、おおまかなものとして「自然との触れ合いを大切にする」「季節の行事や、パーティ(誕生日、クラスが変わるときのお別れ会等)を大切にする」「規則正しい生活」など。先生方いわく、話し方もトレーニングされていて、「私ー型」の話し方を使う。たとえば、「私はそれはよくないと思うよ」「私には**ちゃんが階段遊びが好きだというように見えるよ!」「私はこうしたらよいと思うよ」などなど。

毎日おやつの時間には、グループの子供達と先生で、「季節の歌」をうたう。歌えない赤ちゃんも含めて、とにかく先生は歌い、身振りや手振りをつけて元気に歌って、それからおやつ。そういう儀式的な決まりを、規則正しい生活として子供に覚え込ませている感じである。
「動物の歌」を歌うときには、その動物のミニチュアおもちゃをテーブルの真ん中に置いて、見えるように。

保育所ではさらにできるだけ「自然食品」の製品を子供達に食べさせるようにしているという。たいてい茶色いパン(白パンは出さない)だが、約週に一度はピザや、パスタ(トマトソースのみの手づかみできるもの!)のスペシャルな日がある。

3、4週間に一度は、ある団体から来る音楽家が子供達に生の音楽を奏でてくれ、楽器を触らせてくれたりもする。「え、また来てたんだ、、、」というぐらいしょっちゅう。コントラバス、リコーダー、電子ピアノ。。たまにうちの子はお昼寝中で寝過ごしてしまったらしいが。。。

部屋の中に、じつは床のふたを開けたら、砂場が出現!そこなら冬でも天気の悪い日でも砂に触れる事ができる。自然のマテリアル、砂、水、、、に直に手を触れることを大事にしている。小さな滑り台が部屋の中にあるのだが、その上部分のスペースも床を開けると、そこはお風呂の浴槽みたく、水がためられるようになっていた!

生後2、3ヶ月の頃は規則正しい生活なんてとんでもなかったが、早くから保育所に入れてすこしずつそれに慣れたことは、子供が一歳になった今、それが身に付いているのでとってもとっても感謝している。子供が無意識である時代から、感覚のアンテナが張っていて、それがはぐくまれるように、保育所が対応しているのがよくわかる。意思も強く、表現もハッキリのびのびとする。こんな環境に入れさせることができたのも、ラッキーなことで、本当に幸せなことである。

   親も参加の誕生日会(午前中のおやつ時間に。ウチがおやつ持参となる)

赤ちゃんとピザ

ある日の保育所の日誌に、こんなことが書いてあった。
「今日のキッズ。、、、、 7名」
「お昼に保母さんのDさんがピザを注文して、テイクアウトしてきた」

ここまで読んで、「保母さんのご飯がピザだったのかな?」と思った。

「どの子もピザを美味しくたべたが、***君だけは、パンのほうが好きであった」

***君というのは我が子である。

赤ちゃんのお昼ご飯に、ピザとは。。。
うちではまだ一度も離乳食でピザを与えたことがなかったので、それはそうだろうと思った。
それに、ピザのまわりの部分少し固くはないか?

ピザといってもトマトソースに、チーズくらいだと思うので、問題はないのだが、保育所でピザを皆で食べるなんて、赤ちゃんのうちから楽しそうではないか。。。

さらにピザというと、テイクアウトとか、出前とか冷凍とか「手抜きご飯」のイメージがあったので、(時々しているが;;)うちの子だけピザに手をつけなかったのが、なんだか「それでいい、うん」と微笑んでしまった。

ピザはもう少し大きくなってからね。

子供は寝る。。。

前回のブログで書いたように、オランダの保育所スケジュールにあわせて家でも我が子を寝かしつけるように努力して数週間。

なんと、ちゃんと時間になったら寝るようになった。
午前10時と午後2時のお昼寝タイムになったら、さっとベッドに入れてドアをしめる。(家は一部屋子供に与えられないので、しきりのガラス戸を閉めて、視界に入らないようにする)最初は15分ほど泣きわめいていたのだが、2、3日で数分で寝付くようになった!
夜も同様で、今ではだいたい8時半就寝、朝7時起床というリズムが立派にできた。

今まで夜10時まで起きていたのは、「眠らない子の意思にあわせて」いたのではなく「大人の時間につきあわせていただけ」なのだろうか。子供はたくさん寝るのだ。。。
そして目覚めるととてもすっきりしていて、眠りも深くなったのか、夜中に起きる事がなくなった。

子供が寝たあとに彼に留守番を任せて、コンサートを聴きにいったりもできてしまう。(逆もある。。。)
静かな夜の時間も確保できて、精神衛生的にも良い気がする。

オランダ人の合理的なやりかたは日本では抵抗があるのかもしれない。
日本にいるときには母親や親戚に、
「ほら、**ちゃん泣いてるよ!」
「いつまで泣かせてるの」

となった。そこで泣いている子供のところにさっと行く。あやしたり抱っこしたりすると機嫌はなおるが、すぐに寝付かなかった。オランダのやり方だと、規則正しい時間が身体に身に付くのか、きっとおじいちゃん、おばあちゃんに預けても時間になったら、放っておけば寝るようになりそうだ。
現に、保育所でもその後、お昼寝の時間になったら問題なくさっと眠るようになった、と保母さんたちも一緒によろこんでくれた。

ある日本の育児の本で、泣く子を放っておいて育児する方法(特にヨーロッパ)と、泣く子にさっとお母さんが来るタイプと、その後の人間形成にどのような違いが出るかを追跡調査した、という話がのっていた。
泣く子は、最初は長時間泣いていたものが、短くなって、遅くても2週間ほどで躾ができるという。

その結果が面白かった。
泣いても親が来ない、ということを学ぶと泣いて呼ぶのをあきらめる。それが、「あきらめの早い子になる」とあるのだ。
本当なのだろうか?!!?
「赤ちゃんは泣くことでしか意思を伝えられないから、できる限り意思を通してあげる」という考え方がある。

そういう本の影響もあり、はじめは赤ちゃんを泣かせておくのが罪悪に感じていたのだが、よく寝る子を見ると、自分はこのやり方でいこう!と思う。あきらめて寝ているのではなく、ただ習慣で眠気が来るようになったのだろうと思う。

「寝る子は育つ」という言葉はオランダの保育園でも聞いた。

育児の違い!

1月の半ばに妊婦ヨガのクラスで一緒だったメンバーで新年会。

こちらではパーティといえば旦那さんも一緒が普通。といっても7人の元受講者の中でたった一組しか結婚していない。

ところで、その新年会で大きくなったかわいい赤ちゃん達を見るのは幸せな時間であった。

パパママ達もみんな、幸せいっぱいなオーラが漂っていて、同じ頃にハイハイを始めたり離乳食を始めたりした子供達の成長を共有する。

私がまだ夜や朝に一日一回か二回母乳をあげていたのだが、「えー、まだあげてるのお!」との全員の視線を受けた。

すでに誰もあげていなかった。

いわく、3ヶ月までは「フルタイム」、6ヶ月まで粉ミルクと併用で、その後はもう粉ミルクのみ。離乳食も始めたから、という。日本ではよく、3歳になってもあげている人も多いらしいし、1、2年は普通らしい、と思っていた。

ヨガメンバーのオランダ人ママは全員仕事持ちで、

「母乳やめたら、自分にエネルギーが戻って来たわ」

「うん、やっと調子が戻ってきて、仕事もできる」

と生き生きと言う。

1年ぐらいすればいいかな、と気楽に考えていたが、子供はご飯にも興味を示しているので、まあそろそろやめても、粉ミルクもあげていれば栄養の面では、母乳の一番大事な時期は終わっているのだと思う。

さらに、先日保育所で小さなおしかりを受けた。

うちの子供が一番、寝るときに泣く。と。

「いつも寝るまで抱っこしたり、あやしたりしてませんか?」と。

オランダ式では、赤ちゃんのうちから子供部屋(家にスペースのある人は作るのが普通)に一人で寝かせ、就寝時間は夜7時から8時頃が多い。うちは10時過ぎのときも。。。

だって、仕事から帰って、食事与えて、少し遊んで、お風呂に入れて、着替えして、、、とすぐに寝ないからもう一度ミルクで、おやすみ、、というパターンだったのだが、

「子供が疲れて泣くー寝る、というのはだめです。泣き始めたらもう遅いのです。」

オランダ人は、泣く前に、こちらが寝る時間になったら、パジャマに着替えさせ、ベッドに寝かせ、本を読み聞かせ、電気を消してドアを閉める。

泣こうが、放っておき、一人で寝付くようにする。

そうして、昼寝も決まった時間にさせるべきらしい。

だから、家でも保育所のスケジュールにあわせて昼寝の時間の習慣をつけて欲しい、とのこと。

そうか、、、うちは疲れるまで遊ばせ、疲れてきたらベッドに入れると寝たり、泣いたら寝たりと、適当。昼寝する日もあり、しない日もあり。そりゃあ、昼寝しないときもある子が、いきなり昼ご飯の後暗い部屋に入れられて、他の赤ちゃんも一緒で、ドアを閉められたら、怒るだろう。。。泣くだろうと想像がつく。

子供が7時(!)に寝付くなんて、どうやって6時から保育所から連れて帰り、ご飯と寝る準備を終わらせるのだろう!

でもそうすると、「大人の時間」がちゃんと確保される。それもオランダ人にとっては、非常に重要なようだ。

ねむそうでない子供を無理矢理、部屋に入れてドアを閉めるのは、大人の勝手とも言わないのかしら?

とにかく、オランダ式をもう一度試すことにした。

8時半か9時就寝をまずは目標に。